HOME » AppGuard

AppGuard®の導入メリット・効果

新概念 OS プロテクト型 エンドポイント セキュリティ

前述のように「マルウェアを探し出して駆除」というのがこれまでのマルウェア対策の基本概念ですが、
AppGuard®は「OSの正常な動作を守ることによって感染を防ぐ」という、新しい概念のマルウェア対策製品です。

完璧な守りは「Isolation(アイソレーション:隔離)技術」から。

毎日100万個以上発生しているマルウェア。いままでのセキュリティソフトは、過去の情報に基づいたファイルや振る舞いのパターンマッチングによる検知であり、新種のマルウェアに対してリアルタイムでは対応出来ません。
AppGuardは、狙われやすいアプリケーションを「Isolation(アイソレーション:隔離)技術」で簡単に完璧に防御します。
「Isolation(アイソレーション:隔離)技術」は、長年米国の政府機関で使用され今まで一度も破られたことがない実績があります。「Isolation(アイソレーション:隔離)技術」:は、従来の「検知型」の課題を解決するべく、新たな概念を可能にした特許技術 (US Patent# 7,712,143)です。

 1. 米政府機関で20年間 破られていない特許技術

2. 大企業から個人まで続々導入、TVニュースでも報道!

 3. まさかのアプローチで簡単・完璧防御

AppGuardは、NISC 〜内閣サイバーセキュリティセンター~ より発行されている 平成30年度版 政府機関等の対策基準策定のためのガイドライン に準拠した製品です。


AppGuardの特徴


特許取得済みのIsolation技術

マルウェアの検知では無く、システムに害を与える動作を未然に阻止し、システムの安全性を確保します。未知や最新の攻撃から完璧に守ります。

軽量、軽快

エンジンはわずか1MB 以下。スキャンもしないのでシステム負荷がほとんどありません。

アップデート不要

シグネチャファイルやAIエンジンの更新がありません。過去の脅威情報に依存しない新技術。

「セキュリティ=セーフティ」について考えてみませんか?

今のセキュリティ対策は、マルウェアを検知する事を主目的としています。しかし、そもそもマルウェアを検知する事が、十分なセキュリティ対策になるのでしょうか?マルウェアを検知する仕組みとしては、過去のマルウェアのシグネチャ(定義)ファイルを使ったアンチウイルス、過去のマルウェア・データを学習させ数学的予測モデルを用いるAIマシーンラーニングや次世代エンドポイント、過去のマルウェアの振舞をモデル化した振舞検知型などがあります。マルウェアを検知する「検知型」の最大の欠点は、「過去のマルウェア・データに依存する」事です。過去のマルウェア・データを収集し、過去のデータを基にマルウェアを検知します。しかし、

過去の攻撃手法では未来の攻撃を予知できません。攻撃手法は変わるもの。

 1. 一日あたり100万個以上の新しいマルウェアが生成されている

2. 新たな攻撃手法に過去の攻撃データは必ずしも役に立たない

サイバーセキュリティは、イタチごっこ。そう思われていませんか?

「軽量」でシステムを防御する「新概念」、特許取得済みのIsolation Technologyを用いた
AppGuardがセキュリティへの新パラダイムを提供致します。





AppGuard Enterprise

AppGuard Enterpriseは、管理コンソールを使用しエンドポイントの集中管理ができるAppGuard製品です。 とても強固な構成で、エンドポイントは常時守られています。グループやサイトごとのポリシーの設定やエンドポイントからのログを収集することで集中管理が行います。

AppGuard Solo

AppGuard Soloは、Windows PCを最新のサイバー脅威から守る製品です。PCにAppGuard Soloをインストールするだけで、最新のランサムウェアや未知のマルウェアによる脅威からシステムを守り続けます。

AppGuard、AppGuardのロゴ は米国法人AppGuard, Inc. 、または株式会社Blue Planet-works及びその関連会社の、米国、日本またはその他の国における登録商標、または、商標です。
その他すべての登録商標および商標はそれぞれの所有者に帰属します。その他の名称もそれぞれの所有者による商標である可能性があります。
製品の仕様と価格は、都合により予告なしに変更することがあります。 本文書の記載内容は、2018年8月現在のものです。

お問い合わせ